【バジリスク絆】モード狙い等俺的狙い目&考察

どーも。

今更感満載ですが今回はバジリスク絆の立ち回りについてです。

この台は登場してから既に結構時間が経っており、いろんな方が考察されていたり計算されています。

しかし、まだまだ息の長い台になるでしょうから僕も少し自分の立ち回りを紹介したいと思います。

 

※追記

バジリスク絆のモード狙いについて改訂版、というか補足を書きましたので是非合わせてお読みください。

【バジリスク絆】 モード狙い・テーブル狙い(改訂版)

 

解析&考察

まずは解析を知っていないとお話にならないのでここからですね。

解析データはすろぱちくえすとさんから引用させていただきました。

だてめがねさんありがとうございます。

 

モード毎のBCとATの同時当選率

バジリスク絆モード状態別AT直撃率

こんな感じになっております。

ここから分かることとして、モードがA,Bだといくら高確中にBCを引こうがなかなかATには当選しないということですね。

つまり、バジリスクの期待値マイナスの部分はこのモードA,B、特にモードAに集中してます。

逆にモードC以上はかなりAT当選率が優遇されています。

モードD,Eは当選率100%なので言うまでもないですが、モードCもかなり優遇されていますので、このモードC,D,Eに期待値プラスの部分が集中しています。

なので、この3モードを狙い打つことが出来れば期待値を稼げそうです。

 

モードはテーブルで管理されている

モードC,D,Eを打てば期待値を稼げることは分かりました。

ではそのモードはどうやって決められているのか、モードは計26個のテーブルで管理されています。

 

バジリスク絆テーブル別モード移行率バジリスク絆テーブル別モード移行率2

こんな感じです。

ここから、どのテーブルでもハマればハマるほど高モードの期待度が高まるということが分かります。

4スルーの時点で既に半分くらいのテーブルくらいがモードCに上がっていますね。

BCスルー回数天井狙いの期待値が4スルーから期待値+1600円もあるのはこれが大きな理由を占めています。

これよりモードCはやはり期待値があるということが分かります。

 

テーブルはそれぞれ、テーブルA~J,テーブルK~M,テーブルN,テーブルO~U,テーブルV~X,テーブルYZ、の6種類に分けることが出来ます。

A~Jが通常のテーブル

K~Mがハマりテーブル

Nが11回天井のテール

O~Uがモード優遇のテーブル

V~Xがモードは悪いけど天井が浅いテーブル

Y,Zが1回天井のテーブル

というふうになります。

 

 

次にこのテーブルの選択率が以下のようになっています。

バジリスク絆テーブル移行率

ここからテーブルA~J,テーブルK~M,テーブルO~Uはループ性があることが分かります。

とくにテーブルK~Mは深いBC回数まで低モードがループするハマりテーブルなのに、そのテーブルK~M自体が約70%でループします。

バジリスク絆の期待値マイナスの部分は低モードに集中していますので、このテーブルK~Mのループはかなりの期待値マイナスが詰め込まれているのではないかと思います。

つまり、このテーブルK~Mを打たないことにより期待値の底上げも可能ですね。

 

 

俺的立ち回り、狙い目

解析&考察から高モードを狙い打ちしたり、テーブルK~Mを回避することで期待値を稼いだり底上げできることが分かりました。

僕はその解析&考察を実際の立ち回りに織り交ぜていっていますので、その紹介をしたいと思います。

 

テーブル判別によるボーダーの変動

滞在テーブルの判別をすることで、BCスルー回数天井狙いのボーダーを変動させることができます。

具体的にどうするかですが、BCスルー回数天井狙いをする際に前回、前々回のBCスルー回数をチェックします。

テーブルK~Mは少なくとも5スルーまではモードBなので、前回、前々回ともにBCが6回7回とスルーしている台は危険ということになります。

こういう台はBC5スルーでも打たないほうがいいと思います。

逆に、前回、前々回のBCスルー回数が2回3回と浅い数字であるならばテーブルK~Mをほぼ否定すると同時に高モードループをしている可能性もあります。

こういう台はBC4スルーでもガンガン攻められると思いますし、場合によっては3スルーからでもいけると思います。

例えばゲーム数天井が近いときや、前任者が打っているときにたまたま弾正屋敷に移行していたなど高モードの挙動を確認できた場合などですね。

 

 

高モード狙い

高モードに期待値が集中しているのであれば、その高モードを狙えば期待値が取れるはずです。

しかし、モード判別するのにかかる投資と実際にどれくらいの割合で高モードが拾えるかについてはホール状況、モード判別の精度、他の打ちてのレベルによって大きく左右されます。

ですので、高モード狙いは誰がやっても勝てるというものではないのかもしれませんが、少なくとも僕は勝てています。

 

狙い目

しかしいくら高モード狙いと言ってもがむしゃらに全台モード判別をしていくのでは効率が悪すぎますし、前任者が何かしらの理由を持ってヤメテいる以上高モードではない可能性の方が圧倒的に高いです。

高モード狙いをするにあたって狙い目は僕は3つあると考えています。

  1. リセット確定台の0スルー
  2. AT終了後0スルーの台
  3. 高モード示唆が出ていたのに捨てられた台

この3つですね。

1つずつ説明していきます

 

1.リセット確定台の0スルー

リセット台の0スルー台は前任者が朧BCによりモード判別をした心配がないので、それのせいで期待値が下がるということはありません。

それにバジリスク絆のリセット台はBC1回天井の選択率が8%ありますので保険になります。

2.AT終了後0スルーの台

こちらもリセット台と同じく前任者が朧BCで月を見てヤメた心配がないからです。

それ以外にも、ATの終了後に選択されるステージでモードを示唆しているのでそこもプラス要素です。

AT終了後が高確スタートの場合は分からないのですが、低確スタートで伊賀鍔隠れならモードC以上が確定します。

なので、AT終了後0スルーでできれば即ヤメしてある台が好ましいです。

3.高モード示唆が出ていたのに捨てられた台

これは狙ってやるものではないですね。

やるとすれば隣の台等の挙動をバレないようにちょいちょい見たりして、高モードなのに捨てられたなんていう台があれば打つっていう感じです。

それだけです。

モード判別

※追記

モード判別は別個で1つ記事を書きました!

よろしければどうぞ。

【バジリスク絆】モード判別のすゝめ

 

肝心のモード判別です。

基本的には高確への移行具合や演出から判断します。

まずは高確からの判断なんですが、基本はリプレイと押し順ベルからの高確当選を見ます。

モードA,BとモードCでかなり差がありますので、正直ここだけ見ても分かります。

弱チェリーや共通ベルからの高確移行率にもモード差はありますが、ヒキでなんとでもなる範囲なのでとんでもなく悪いとかでなければ基本無視してます。

しかし、高確に当選したからといって毎回毎回土岐峠や弾正屋敷に移行するわけではないので、通常ステの高確示唆演出を見て判断しなければいけません。

そのためには高確示唆の演出を網羅しないといけないです。

高確示唆の演出がこちらです。

 

▼超高確率確定演出

  • 弾正屋敷ステージに移行
  • かご演出で女が青着物+通常リプ
  • 木彫り演出で仏像出現+レア役否定

▼高確率以上確定演出(前兆中は除く)

  • リール枠エフェクト + リプレイ
  • 蛍火ルーレット + リプレイ
  • 弦之介笛で音なし + リプレイ
  • 弦之介笛中パターン + ハズレ
  • 偵察演出で「好機」 + ハズレ or リプレイ
  • かんざし演出で白 + ハズレ
  • 木彫り演出でカエル出現 + リプレイ
  • 木彫り演出でフクロウ出現 + ハズレ
  • セリフ演出 + リプレイ
  • タカ演出 + リプレイ
  • 人別帖演出(半開き)で「好機」 + リプレイ
  • かご演出で男が青着物 + リプレイ

▼高確率期待大演出

  • 土岐峠ステージ移行で高確以上の期待度約70%
  • リール枠エフェクトで第3停止・白エフェクト大
  • 第1停止・弦之介笛小パターン + ハズレ
  • 第1停止・弦之介笛中パターン + リプレイ
  • 占い演出で文字出現せず + ハズレ
  • かご演出で第3停止・女が白着物 + ハズレ or リプレイ
  • かんざし演出で第3停止青 + リプレイ
  • 墨演出ハズレ時に出現頻度アップ
  • 木彫り演出成立役を問わず出現頻度アップ

こんな感じです

赤文字は僕が個人的によく見るなあっていう演出なのであんまり気にしなくてもいいかもです(^_^;)

 

※追記

赤字は無視で大丈夫です。

全部大事なので、全部覚えましょう。

あと、高確示唆か確定か分かりませんが追加で、レバオンで台詞発生も覚えておきましょう。

 

これらの演出が何も引いてないのに頻発するようであればBC当選まで打ち切っていいと思います。

そして朧BCで月を見て大体のテーブルを推測してヤメるかどうか決めるといった感じですね。

 

他にもこれは僕の経験則なんですけれども、謎発展は高モード示唆だと思います。

何も引いてないのにいきなり対決演出に発展して負けたり、弱チェや共通ベルから対決に発展して負けたりするときは高モードの挙動をしているときにしか確認したことはないですね。

対決に発展して負けて峠や弾正屋敷に移行するパターンも同じだと思います。

 

とりあえずモード判別はそれなりに打ち込まないとわからないですが、そこまで難しいものではないと思います。

関連記事

【バーストエンジェル】天井期待値 天井ストッパーあり!注意!!

※追記 計算式がおかしかったので修正してもう一度計算しなおしました。 【修正】バーストエ

記事を読む

番長3 ベル振り分けの解析からゾーン、対決天井狙いについて考察

こんばんは。   久しぶりの考察記事です。 今回は結構おおっとなってます

記事を読む

【黄門ちゃま喝】310カウンター狙いの狙い目と期待値

こんばんは。 最近ね、改めて思いました。 やっぱバイク乗るの楽しい!とね。 &nb

記事を読む

【サラリーマン番長】リセット台のゾーン狙い目を初当たり確率から出しました

こんにちは。 カレーパン美味しいよね。   サラ番 リセット時のゾーン狙

記事を読む

メダルがないときにあべしチェックをする方法

こんばんは。   ゴールデンウィーク、すごいですねえ。 ハイエナ稼働が捗

記事を読む

Comment

  1. おっさん より:

    勉強させてもらいました。ありがとうございます。
    質問なんですがBは打ったらどの程度マイナスになると思われますか?

    例えば朝一リセットを打って高確でひっかかって満月満月と出た場合
    BB?AB?ACもあるかな? まあAAの可能性は低いだろう。
    ということは糞テーブルではなさそうなので2スルーしちゃってるし打つか。
    少なくとも設定3ぐらいでBTは取れる(プラス)だろうというノリです。
    むろん、他に台がある場合はそっちいきますが戻ってくるのがありなのか
    それとも4スルーあたりまで放置しといて自分だけ持ってる情報みたいな感じでいった方がいいのか。

    どう思われますか?

    • tom tom より:

      Bに関してはあまり考えたことはなかったですね・・・。
      Cじゃないなら捨て、とだけ考えて打ってきました。

      とりあえず言えることとしては、Bを追うのはヤメテおいた方が無難だということですかねえ。
      満月2連続で出たからといってAAの可能性が低いなんてこともないと思います。
      Aじゃなかったのであれば、それまでに当たっていてもおかしくないですからね。

      後は、Bが絡むテーブルも別にそんなに良いテーブルではないので追わない方が無難だと思います。
      1234スルーまでにBが絡むと、最低でも4スルーはしないとCが出てくるテーブルがないんですよね。
      BBBBテーブルならまだましですが、BABAとかABABテーブルとかだと地獄を見ることになると思います・・・。笑
      というか設定狙いでABABとかBABAテーブルだなあとなったときは地獄を見がちです。笑

      なので今回の場合としては、一旦ヤメて育つのを待つのが無難だと思います。

  2. 最近モード狙いを始めたものです。
    モード狙いを始めるにあたってこの記事を読ませていただきました。ありがとうございます。
    0スルー狙いについてなんですが、前回3・5・7回目のBCでBTに入っているものが狙い目(前回V,W,Xに期待できる)、という記事をいくつか見たことがあります。しかし、3・5スルーなら高テーブル滞在の可能性は比較的高いと考えられますが、7スルーだとすると、テーブルVだった可能性も多少高いかな?程度であり、糞テーブルのモードC→現在糞テーブルループ中という可能性も全然考えられるように思います。
    そういった場合は演出面でモードを判断していけば良いのかもしれませんが、そのための投資もなるべく抑えたいと考えております。
    多くの方のブログで語られている奇数回目BCでBTに入った後の次回優遇傾向、が果たしてどれほど信憑性があるのか自信が持てません。
    そのため、前回だけでなく前々回、ひいては前々々回くらいまでスルー回数を遡り高テーブルの可能性がどれほどかを(ある程度の感覚でですが)考えてから打つようにしています。
    そこで聞きたいことなんですが、tomさんは奇数回目のBCでBTに入った後のBCの場合(特に7スルー後)についてどれほど意識されているのでしょうか?僕はなかなか怖いので7スルー後は打たないようにしています(>人<;)
    また、これは初心者のような質問(そもそも初心者なんですが笑)にもなるのですが、僕は0スルーの場合でもチャンス目からのモードアップに期待したいためある程度ゲーム数がはまっているものを打つようにしています(もちろん、前任者がモード確認などをしそうな人だったりする場合は慎重にいきます)。
    しかし、その時疑問に思うのが前回BTが何ゲーム続いたかによって通常時のはまりがどれほどなのかがわからない、ということです。
    それを確認する方法って、打っている人がBTを何ゲームで抜けたかを見る意外にあるのでしょうか?
    最後に一つ(長くなって本当にすみません!)、これも初心者のような質問なんですが、前回が1スルーのもの、これを通常時に引いたBCかAT中のBCか、見分ける方法はありますか?BT中だとそのBCはテーブル判別には関わらないので(間違っていませんよね、、、?笑)、もし1スルーばかり続いていてよっしゃ高テーブルループ中だ!なんて思って座ったら全部それらが通常時にひいたBCではなくBT中にひいたBCだった、なんてことにならないか心配です。笑
    0スルーの220ハマりくらいなら結構拾えるので、同じ拾うなら座る前の段階で高テーブル、高モードの可能性のなるべく高いものを選びたい、という思いから質問させていただきました。長くなって本当にありがとう申し訳ありませんが回答の方よろしくお願いします。

    • tom tom より:

      コメントありがとうございます。

      357回目のBT当選後の0スルーですよね。
      これは僕はほとんど気にしてないですね。
      というか全く気にしてないですね。

      というのも、まずテーブルVWXへの移行率がホントに低いです。
      高設定らしき台を1日ぶん回して、テーブルVWXかな?と思うタイミングが1回あるかないか程度のものです。
      高設定ほど移行しやすいテーブルでこのレベルなので、平常営業のホールでこのテーブルに飛んで尚且つ前任者が知識がなくてAT後0スルーで辞めた台となるとホント滅多にないんじゃないでしょうか。
      それを狙うことにより期待値が数百円上がったりだとか、そんなレベルで影響が出るとは思えないです。

      ただ、KLMを避けるべく前回前々回を見るのはアリなのかなと思います。

      前回のBTの継続ゲーム数ですが、これは分からないですね。
      分かるデータカウンターもあるのですが、基本的にはわからないです。

      あとは、前回の1発BTとAT中のBCの見分け方ですが、これも完璧には分からないです。
      30ゲームくらいで当たってたらまず間違いなくAT中なのですが、40や50とかだと終わって即引いたのか、継続率で継続した後に引いたのかは分からないですね。

      質問回答としてはこれくらいですかね。
      このモード狙いの記事自体が少し古いので、もう1回新しいのを書きますね!

  3. 匿名 より:

    モードc確定が出た場合の期待値って0スルーから何円くらいあるんですか?

    • tom tom より:

      テーブル別の期待収支は解析が出ていますよ!

      0スルーからだと、オールCテーブルで4700円、CACAのやつで2650円、ACACのやつで660円くらいですね。

コメントを残す


  • profile


    管理人のとむです。
    スロ専業で月平均の収支が大体35万くらいです。
    ブログでは稼働日記や細かいところを突っ込んだ考察や解析を書いていきたいです。
    >>詳しいプロフィールはこちら

  • まだデータがありません。

PAGE TOP ↑