【スーパービンゴネオ】111のゾーン狙いについて考えてみる

こんばんは。

相変わらず時代に乗り遅れまくっています。

今回はスーパービンゴネオの記事です。

 

444のゾーンではお世話になりまくっているスーパービンゴネオですが。(勝っているとは言っていない)

この台、別に444だけじゃなくてゾロ目なら一応チャンスということになっているじゃないですか。

今回はその444以外のゾロ目が狙えるのかを考えました。


SPONSORED LINK


【スーパービンゴネオ】111のゾーン狙いについて考えてみる

目指すべき初当たり確率

いつも通り目指すべき初当たり確率を設定しましょう。

これがないと始まりません。

 

ではいつも通り設定と機械割を見てザックリと決めましょう。

本機のスペック。

設定4の初当たり確率が1/277.6で機械割が104.3%。

設定5の初当たり確率が1/252.9で機械割が108.6%。

 

なので、今回は設定5の値、1/252.9になるように設定して考えることにします。

 

というのも本機、スーパービンゴネオ。

肝心の周期抽選によるAT当選率の解析がどこを探しても見当たりません。

なので実践値から引っ張ってくるしかないです。

というわけで、ちょっと辛めに設定しておかないとホントは期待値ないじゃん!みたいなことに陥る可能性を危惧してのことです。

 

狙いは111一択

今回は111狙いのみを考えたいと思います。

33ゲーム、77ゲームでも周期抽選を受ける抽選をしてるのですが、ちょっとここは弱いです。

222ゲームも同じく弱い。

 

しかし、111と333は強いと。

ソースはスロマガさんです。

 

となると、333、444はどっちみちB天狙いで踏みますし、555からは天井狙いになります。

つまり実際狙うとなると111しか狙い所がないからです。

 

111でのAT当選率

次に111でのAT当選率を考えてみたいと思います。

何故考えるなのか。

 

何故なら、解析が出てないからです。

高確中の周期抽選によるAT当選率は解析が出てるのですが、高確じゃないときの周期抽選によるAT当選率が出てません。

 

なので、実践値から割り出します。

実践値はサイトセブンさんのデータをお借りします。

 

まず、ゾロ目が一切絡まないところでのATの当選率が約10.8%。

ちなみにこの10.8%というのは、50ゲーム間での数字です。

 

ゾロ目が絡まない50ゲーム。

つまり、250から300ゲームの間にATに当選する確率とか、500から550ゲームの間にATに当選する確率を平均化したものが約10.8%ということです。

 

これに対して、111が絡むところ。

つまり100から150ゲームでのATの当選率が16.4%となっています。

つまり、なんでもないところでの50ゲーム間のAT当選率は10.8%だが、111が絡む100から150ゲーム間のAT当選率は16.4%に上がるということですね。

 

ここから、111を踏むことによるATの当選率が割り出せますね。

 

100から150ゲームの50ゲーム間を回して、ATに当たらない確率は83.6%です。

つまり、なんでもないところでの50ゲーム間のAT抽選(10.8%)と111を踏むことによるAT抽選(X)をダブルではずす確率が83.6%ということです。

つまり、(1-0.108)(1-x)=0.836

X=0.062

 

つまり、111を踏むことによるATの当選率は6.2%ということですね。

 

と、まあ力技で計算したところこんな結果になりました。

が、さすがにこの数字は低すぎる気がします。

でもだからといって、じゃあ10%くらいにしとこうかとか言っても仕方ないので、この数字が合っているという前提で話を進めます。

 

111での当選率を踏まえた上でのゾーン狙い目

111を踏むことによるATの当選率は、6.2%だということが判明しました。

これを元に狙い目を定めます。

 

周期抽選の前兆は15~20ゲームらしいので、間をとって18ゲームとします。

つまり、毎回律儀に129ゲームまで回すということですね。

 

そして、目標であるATの初当たり確率が1/252.9です。

なので、ここから求められる111ゾーンの狙い目は。

 

 

・・・・・

 

 

狙えません!!

 

計算したところ、AT当選率6.2%で、初当たり確率を1/252.9に持って行こうとしたら、1回のゾーン狙いで回すゲーム数は15.7ゲームとなりました。

つまり、毎回129まで回すとするならば、113ゲームくらいから打たないといけません。

 

破綻しています。

 

ということで、111のゾーンは狙えないということが判明しました。

 

実際打つとなると、ホントは狙えるのかも

さっきはあんなことを書きましたが、ホントは111、狙えると思います。

というのも、さっき計算で出した値というのはゾロ目到達、つまり111ゲームを踏むことによるAT当選率だけでの話でした。

 

ですが、実際ホールで打つとなると、それ以外にも規定ゲーム数消化でのAT抽選がありますし、CZでのAT抽選があります。

他にもフリーズしたりなんとかクラッシュとかね。

 

つまり、そういうモロモロを考えると実際には111のゾーン狙えるんじゃないかなというのが僕の本音です。

 

ただし、フリーズやなんとかクラッシュは薄すぎますし、規定ゲーム数消化での周期抽選は前任者が上手い人なら見切ってヤメられている可能性もあります。

なので、あまりボーダーを下げすぎるのは得策ではないと思います。

 

最低でも100ゲームは欲しいところですね。

僕は100ゲームでもあんまり打ちたくないですが。笑

 

とにかくこの111のゾーン狙いは1ゲームの価値が重すぎるので、慎重に行かなければなりません。

やめ時を2,3ゲームでも間違えようもんなら即期待値はなくなるんじゃないかと思えるレベルで1ゲームが重いです。

それは言い過ぎかもですが。笑

 

ただ、悪いことばかり上げましたが、逆にボーダーを下げられる場合もありますね。

例えば、高確中に台が捨てられていたりだとかですね。

 

高確中に捨てられていた場合ですと、111のゾーン狙いの期待値は跳ね上がるんじゃないかなと思います。

高確中の周期抽選の優遇されっぷりったならないですからね。

 

まとめ

まとめます。

ビンゴの111は、狙えると思います。

 

最低条件で考えた場合は狙えないという結論でしたが、実際のホール状況を見つつ臨機応変に打てるのであれば期待値を生み出すことは可能だと思います。

つまり、かなり打ち手の技量に左右される打ち方だとも言えます。

僕はそうですね、とりあえず100ちょいくらいまで回っていたら触ってみようかなと思います。

関連記事

【修正】バーストエンジェル天井期待値

ども、この前バーストエンジェル天井期待値を記事にしました。 それの修正です。  

記事を読む

【鉄拳3rd】キングによる前兆判別時の期待値

ども 鉄拳3rdって300ゲームのゾーンをキングステージを選ぶことによって、前兆が来るか否かで

記事を読む

【ハーデス】AT終了後のヤメ時を期待値と時間効率の観点から考察

こんばんわ。 時刻はただいまAM5時をお知らせします。   早起き?いい

記事を読む

【サラリーマン番長】ブルーレジェンド狙いの期待値・機械割を計算しました

どーも ブルーレジェンド中の期待値計算したよーヽ(=´▽`=)ノ   ま

記事を読む

【おとめ妖怪ざくろ】リセざくろが喰えるのか検証

こんばんは。   リセざくろです。 いざ、妖々と参ります。 【

記事を読む

コメントを残す


  • profile


    管理人のとむです。
    スロ専業で月平均の収支が大体35万くらいです。
    ブログでは稼働日記や細かいところを突っ込んだ考察や解析を書いていきたいです。
    >>詳しいプロフィールはこちら

PAGE TOP ↑