【北斗の拳 強敵】とむ流設定推測方法まとめ

公開日: : 最終更新日:2015/10/24 設定狙い考察 ,

こんばんは。

 

今回は北斗強敵です。

最近、恐らく最高設定であろう強敵を打つことも出来ましたので、そろそろ書こうかなと。

今回の北斗、設定推測は結構難しい部類だと思います・・・。(-_-;)

結構低設定で粘らされることが多いです・・・。


SPONSORED LINK


【北斗の拳 強敵】設定推測方法

北斗の拳 強敵を設定推測するさいに、主に見るべきポイントは4つ!

小役確率とCZ確率、AT高確スタート確率、AT後高確スタート確率です。

 

それぞれ優先順位というか、重要度に差をつけるのは難しいです。

どれも大事です。

 

んー、難しいところです。(-_-;)

 

他にも見るべきところはあるので、順を追って書いていきたいと思います。

 

CZ確率

まずはCZ確率から。

 

CZの抽選は二通り。

角チェリー、弱チャンス目からの当選と、七星ランプ消滅時の抽選の二通りです。

 

七星ランプ消滅時の抽選に設定差は存在しないので、注目すべきは角チェリーと弱チャンス目からのCZですね。

角チェ、弱チャ目からCZ当選率が以下の通り。

 

 

tomokoyakucz

左が小役を引いたときにCZに当選する確率。

右がそのCZ当選率に小役確率をかけた、通常時の小役経由のCZ確率です。

 

まあ見て分かる通り重いです。

特に下3つは1/7808と1日打っても見れないことが殆どでしょうね。

新基準により通常比率が上がっているとは言え、それでも通常時は1日打ってもせいぜい6000ゲームくらいでしょうし。

 

上3つも設定差自体はそれなりに大きいですが何せ分母がでかすぎるので、これを軸に推測するというよりも高低を見抜くために使う程度のものでしょうか。

1日に複数回確認できれば上3つの可能性はかなり高め、逆に夕方くらいになっても1回も確認できないのであれば、他の要素がよっぽど強くない限りヤメた方が無難。

こんな風に見ると良いかもしれません。

 

小役確率

設定差のある小役確率は4つ。

中段チェリーと強スイカ、弱スイカ、強チャンス目の4つですね。

 

確率は以下の通り。

 

tomokoyaku1 tomokoyaku2

 

この中で僕が重要視しているのは強スイカと強チャンス目の2つです。

とりあえずこの2つが落ちていれば他が悪くてもあんまり気しません。

 

中段チェリーと弱スイカは設定差自体あまり大きくありませんし、中段チェリーに至っては下3つが全く同じ数値です。

他の要素も加味して456はありそうだなあという状況であれば、いくら中段チェリーが悪くてもそれは引きが悪いだけだと思って全く気にしなくてもいいレベルだと思います。

 

他にも完全ハズレに差がありますが、僕はいつも数えてません。

完全ハズレが出なければ出ないほど高設定の可能性アップというわけなのですが、それってつまり小役確率と一緒ですよね。

小役が落ちれば落ちるほど完全ハズレは必然的に出ないわけですからね。

小役確率と完全ハズレは表裏一体と言えるわけです。

 

とは言っても、設定差のない小役を強運で引きまくれば低設定でも完全ハズレ確率が下がりますけどね。

でも、僕は数えません。

なにせ、めんどくさすぎです。(-_-;)

 

せっかくマイスロが全部数えてくれてるので、それに任せます。笑

ちなみに、マイスロではこぼした小役はカウントしてくれません。

チェリーはこぼしてもカウントしてくれるなんて話を聞いたのですが、そこんところはちょっと分からないです。

少なくとも、スイカをこぼしたときはカウントしてくれないのは確認済みです。

 

AT後高確スタートの確率

設定変更時の高確移行率にも設定差がありますが、そんなに大きな差ではないので無視でいいと思います。

どっちかといえば、AT後の高確移行率。

こっちを見るべきだと思います。

 

数値は以下の通り。

 

tomokokakuu

見てのとおり、なかなか強烈な設定差があります。

設定1で1/8、設定6で1/3くらいですね。

 

そして、次にAT終了後のステージ選択率と掛けあわせてみます。

AT終了後は一旦AT終了待機中に移行します。

画面右下に北斗の拳というロゴが表示された引き戻しゾーンみたいなところですね。

この終了待機中から通常時に転落するときのパターンに内部モードにより差が存在します。

詳しくは表を見てください。

 

tomoatsute

これはAT終了待機中からジャギステージへ移行する設定ごとの確率です。

ハート→と書かれた欄は、AT終了待機中(ハートステージ)から通常時に転落する際にジャギステージへ移行するときの確率を示しています。

シュウ→も同様です。

 

当然、高確ほどジャギステージへ行きやすいので、高確スタート確率が優遇されている高設定の方がジャギスタートが多くなるというわけですね。

 

AT終了待機中はハート、シュウ、ジャギ、ケンシロウステージと4つあるのですが、ジャギステージとケンシロウステージは除外しました。

理由は設定差がほとんどないからです。

同様にステージチェンジの際稲妻が大きかったりキリン柄だったりする場合も除外して考えてます。

 

稲妻大の場合は高確以上確定ですし、キリン柄の場合は本前兆確定です。

 

他の台の挙動を見る場合、ここをメインに見るのが良さそうですね。

人の台の小役なんて数えられませんしね。

これなら簡単に見ることができます。

 

AT高確スタートの確率

AT中にも内部状態の高低が存在し、それのAT開始時の高確スタートに設定差が設けられています。

 

数値は以下の通り。

 

tomoatkokaku

段階的に2%ずつの差が設けられています。

1と6で見ると2倍の差ですね。

ただ、2%ずつの差なのでこれも上か下かの判断に使う程度ですね。

 

AT高確の見抜き方はレイがついてくるかどうかを見ておけば多分大丈夫だと思います。

他にも台詞演出で高確示唆もあります。

 

ただし、リプレイの75%で転落抽選をしているのでAT開始1ゲーム等でリプレイを引いた場合はサンプルから除外しておいた方が無難かもしれません。

その逆のパターンで、AT開始1ゲームくらいでレア役を引いた場合も除外した方がいいかもですね。

 

高確移行率

通常時の高確移行率のお話です。

通常時は内部状態が低確、通常、高確と3つ存在します。

そして、それぞれの移行率に設定差が設けられています。

 

ただし、解析を見ている限り設定差はほとんどないと言っても過言ではないです。

弱スイカ、弱チャンス目をからの高確移行率や、通常滞在時のリプレイでの低確転落率に設定差が存在しますがどちらも推測要素としては弱すぎると思います。

 

まず内部状態を完璧に見抜けないこともありますし、そもそもの確率が薄かったりで打っててもほとんど分からないと思います。

 

高確の移行率に設定差があるというよりも、小役確率に設定差があるため結果として高確移行率に差が出るといった感じだと思います。

なので、結局見るのは小役確率ですね。

小役確率=高確移行率だと思っておけば良いと思います。

 

弱スイカ・弱チャンス目からのAT当選率

弱スイカ・弱チャンス目からのAT当選率にまあそれなりに設定差が存在します。

高確滞在時の1で12.5%、2で15.63%、3~6で18.75%です。

通常滞在時にも設定差がありますが、1%とかそんなレベルで薄すぎるのでここでは省略します。

低確滞在時にはそもそも当たりません、0%です。

なので、弱スイカ、弱チャンス目からATに当選した時点で通常以上に滞在していたことが確定しますね。

ほぼ高確滞在で間違いないですが。

 

弱スイカ、弱チャンス目からのAT当選。

それなりに設定差は存在するのですが、これまたやらしい差の付け方ですね。

3~6が全く同じ値です。

つまり、弱スイカ、弱チャンス目からのATが頻発するようであれば下2つはないのかなあ?みたいな感じです。

それでも数%の差なのであまりこれをアテにしすぎるのは危ないですけどね。

 

まとめ

とりあえず、パッと思いつく限りではこの程度だと思います。

 

今回の北斗、ここを見ればオーケー!と言ったようなポイントは特にありません。

全てにおいてまんべんなく設定差が設けられているので、全てが大事です。

強いていうならば、小役確率(特に強スイカと強チャンス目)とAT後高確移行率でしょうか)

 

ATの初当たり確率も重いので打っていて心が折れそうになるポイントが多々ありますが、冷静に推測要素と状況を見て粘るか否かを考えた方がよいでしょう。

以上です。

 

他に何か見るべき所等ありましたら随時修正していきますので、コメントは気軽にしてください。

 

ではまた。

↓応援おねがいしますm(__)m
にほんブログ村 スロットブログへ

関連記事

【バジリスク絆】とむ流設定判別方法まとめ

こんばんは。 今回は僕が普段バジリスク絆で設定狙いをするときに見るところや、主に判別に使う要素

記事を読む

【サラリーマン番長】通常Aから天国に上がるまでの平均回数

こんばんは。 遂に、遂に! サラ番のモード移行の解析が出ましたね!  

記事を読む

【沖ドキ】とむ流設定判別方法まとめ

こんにちは。   最近沖ドキの設定狙いをすることが多いです。 そこで、僕

記事を読む

バジリスク3 高設定と低設定の挙動の違い、打感です

こんばんは。   ひっさしぶりの機種別考察系の記事です。 いや、厳密には

記事を読む

【バジリスク絆】リセット判別方法

バジリスク絆、息長いですねえ。 今年も強イベントの日なんかでは設定ガンガン入ると思います。

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    いつも楽しくブログ拝見しています。
    初めてコメントさせて頂きます。

    最近、大阪の某ホールに行くようになったようですね。
    実は、私もそのホールでしばしば稼働しています。
    私はもちろんとむさんとは面識はありませんし、顔も知りません。
    ですが、最近アップされた大阪稼働記事、ツイッターを見て
    すぐにその大阪の某ホールがどこかわかりました。
    あそこはプロ、軍団の方が多数稼働しています。
    台データ、台番が見える写真も載せていらっしゃいますが、
    身バレしても大丈夫なのですか?

    全然構わないようでしたら、おせっかいですみません。
    心配になったのでコメントさせて頂きました。

    • tom tom より:

      いつも見ていただきありがとうございます。m(__)m

      大阪行きだしたのはホント最近ですねえ。
      と言ってもやっぱり遠すぎるので月に1回か2回程度のものですが・・・。(-_-;)

      やっぱり分かる人が見たらすぐ分かっちゃうもんなんですね。
      台番とかその程度なら以前にも写真撮ってアップしていたことがあったと思うのですが、さすが大阪、いろんな人に一瞬でバレちゃいました。(-_-;)

      今後このホールで写真撮ったりする際は気をつけたいと思います。
      わざわざコメントありがとうございました。m(__)m

  2. 匿名 より:

    子役×
    小役○
    ですよー。

    • tom tom より:

      うわ!ホントですね!
      これは今回のこの記事で間違えたとかそういうレベルじゃなくて、今までずっと間違えてました・・・!笑

      うーん、これ全記事修正となると日が暮れちゃいますね・・・・。
      次から気をつけます!笑

  3. 匿名 より:

    通りすがりで失礼します。
    強スイカはいいとしても、強チャンス目は分母が大きすぎてあてにならないのでは?

    • tom tom より:

      確かに強チャンス目は分母が大きいですので、早い段階では宛にならないことが多いと思います。
      ですが、具体的にいくらとは言えないですがある程度回せばそれなりに信用してもいいレベルの設定差だとは思っています。

      ある程度回しても中段チェリーとかの微妙な差の方がむしろ信用できないと僕は思います。

コメントを残す


  • profile


    管理人のとむです。
    スロ専業で月平均の収支が大体35万くらいです。
    ブログでは稼働日記や細かいところを突っ込んだ考察や解析を書いていきたいです。
    >>詳しいプロフィールはこちら

PAGE TOP ↑