カチカチ君を使うことによるデメリットを考えてみました

こんばんは。

今回はカチカチ君を使っている人を見て日頃から思っていることを書きたいと思います。


SPONSORED LINK


カチカチ君を使うことによるデメリットを考えてみました

設定狙いをする上でカチカチ君は、必需品とまでは言わないですがあると大変便利ですね。

でもそんなカチカチ君にもちゃんとデメリットはあります。

そのデメリットについてあまり考えずにカチカチ君を使っている人が多いと感じるので記事にしてみました。

 

設定が入るホールだということがバレる

自分が普段から通っているホールで設定狙いをするとき。

台の上にカチカチ君を置いて露骨に使うのは非常にマズいですよね。

 

何故ならこのホールは設定使ってますよって周りにアピールしているのと同じことですからね。

それを見た他の専業や兼業の人が設定狙いを始めたりしたら自分の取れる期待値が減っちゃうわけですからね。

これは避けたいところです。

カチカチ君を使うならこっそり使ったほうがいいと思います。

 

ただし、強イベントなどで遠征に行って見渡す限りカチカチ君を使っている人だらけ、みたいな状況だとそこまで意識する必要はないかなと思います。

ホントはそういう強イベントでも全員がこっそり使うべきなんですけどね。

それはそれでなんだか気持ち悪い気もしますが。笑

 

逆に、自分が新規ホールを開拓する時なんかはカチカチ君を使っている人がいるかどうかを見たりするのも良いと思いますね。

ただ、僕の数少ない経験上ですと上手い人ほどカチカチ君を余り使わない傾向がある気がするので、あまりそれを当てにしすぎるのはよろしくないと思います。

言ってしまえばなんちゃって設定狙いをしている人がカチカチ君を使っているだけの場合もありますからね。

 

単純に目立つから

カチカチ君を使っていると単純に目立ってしまいます。

どうせ毎日のようにホールに足を運んでいるので目立つもクソもないのですが、それでも目立たないように行動するに越したことはないです。

 

目立つことによるデメリットはいろいろあるのですが、ここでは割愛させていただきます。

 

数字に翻弄されるかも

子役確率などの細かい数値は正直言って全くアテにならないレベルでブレます。

ですので、そういった細かい数値が設定6の近似値を指しているからといって、ヤメるのがベターな状況でもツッパってしまったり、ヤメテはいけない状況でヤメテしまったりといったことが出る可能性が出てきます。

 

よく言われることですが、設定狙いは台に座るまでが勝負ですからね。

大事なのはホール選び、癖読み、台選びですからね。

 

そういうことが分かった上でやっていても、子役確率が悪いとちょっと心がブレてしまったりしちゃいますからね。

そういうこともあり僕は普段は思い切って子役はカウントしてないです。

まあ、それはそれでどうなんだという感じですが、面倒くさいですからね。笑

それに子役確率なんて調べても意味ないと僕は思っていますので。

 

 

とまあ、とりあえずはこれくらいですかね。

後は僕だけかもしれないですが単純になんとなく使うのが恥ずかしいっていう理由があります。笑

まあこれは目立つからっていうのと同じだとは思いますが。

 

ですので普段は僕はスマホのアプリの子役カウンターを使って、めちゃくちゃこっそりカチカチしてます。笑

 

ではでは、さよならー。

↓応援おねがいしますm(__)m
にほんブログ村 スロットブログへ

関連記事

朝一の並びの抽選を受けること自体に期待値がある

こんばんは。 今回は朝一に並ぶことによって、その行為そのものに期待値が発生するってことを書きま

記事を読む

ノリ打ちの利点と欠点

こんばんは。   ちょっとですね。 最近時間が足りません。 &nb

記事を読む

設定変更の判別方法まとめ

こんにちは。 今回は設定変更の判別方法。 メジャーな方法からちょっとあまり知られていない

記事を読む

スロットにおける期待値と時給

こんばんは。 今回は期待値と時給について考えていきたいと思います。 スロットにおける

記事を読む

設定が入るホールの探し方

こんばんは。   今回は、設定が入っているホールの探し方、そもそも対象のホール

記事を読む

コメントを残す


  • profile


    管理人のとむです。
    スロ専業で月平均の収支が大体35万くらいです。
    ブログでは稼働日記や細かいところを突っ込んだ考察や解析を書いていきたいです。
    >>詳しいプロフィールはこちら

PAGE TOP ↑