設定狙いで勝つコツや考え方

公開日: : 最終更新日:2015/01/28 立ち回り・考え方 ,

こんにちは。

今回は設定狙いのコツといいますか、根本的な考え方について書こうと思います。

きっとここを理解すれば皆さん設定狙いを必要以上に恐れるということはなくなるんじゃないんでしょうか。

 

設定狙いで一番大事な考え方

設定狙いにおける一番大事な考え方。

それは基本的にはハイエナをするときの考え方と同じです。

 

期待値で考える

ハイエナにおいて一番大事なこと、それは期待値ですよね。

例え天井まで連れて行かれて投資が2万円かかって、折角当たったATが単発で終わり回収が2千円でその時1万8千円負けたとしても期待値が積めたならばそれでオッケーじゃないですか。

 

これ、設定狙いでも同じことが言えると思うんですよね。

例えその日たまたま設定1を掴まされたとしてもトータルとしての期待値が積めているなら問題ないじゃないですか。

設定が入っていることが見込める日にそのホールに出向いて設定狙いをするというそのこと自体に期待値が既に発生しているからです。

 

例を出して説明します。

 

例えばバジリスク絆。

A店にはバジリスク絆が10台設置されています。

A店はイベントの日には設定6を2台、設定4を3台、設定2を3台、設定1を2台といった設定配分で営業しています。

バジリスク絆の機械割はそれぞれ設定6が119.2%、設定4が106.6%設定2が98.6%、設定1が97.3%です。

つまり、A店のイベントの日にバジリスク絆を打つと平均して割が104.86%になります。

 

なので、たまたまその日に設定1を掴まされたとしても期待値としては104.86%なので問題ないという考え方です。

 

勿論こんな大盤振る舞いなホールはなかなか無いと思いますがあくまで例えです。

ただ、考え方としてはこういうことですよね。

 

テクニックは考え方を理解した後

この店はここに6を入れる傾向があるとか細かい設定判別のテクニックとかはこの考え方を理解していないと何の意味もなさないと思います。

 

結局は順序が逆になってる人が多いと思うんですよね。

設定狙いをするってなったときに、多くの人はいきなりいかにして設定6に座るかってことを考えると思うんですよ。

 

でもそうじゃない、順序が逆です。

設定狙いも結局は期待値で考えることが出来るってことを理解してから、次にその期待値をどうやったら上げれるかって考えるんですよ。

そうやって考えた先に出る答えがツモ率を上げるだとか、ホール選び、低設定を1ゲームでも早く見切るとかそういったことに繋がるんですよね。

 

投資を恐れてはいけない

はい。

これも大事かなあと思います。

朝から設定狙いしているとどうしても投資額がとんでもないことになることがままあるんですよね。

それが低設定だろうが高設定だろうが投資がかさむときはかさみます。

 

ただ、そこで投資にビビって設定も分からない内にヤメテしまうのは愚の骨頂ですね。

ハイエナにも言えることですが実収支ってのは基本的に全く気にする必要がないですからね。

 

朝から2000ゲーム回して偶数挙動はしているけど上か下か分からない。

なのに投資がすでに5万を超えている。

これ以上突っ込むのは怖い。

っていうのがよくあるんですが、やっぱり実収支は全く気にする必要がなくて全て期待収支で考えるなきゃですね。

 

この場合だと偶数挙動をしているということで最低でも設定が2とします。

設定2だとまあ大体機械割99%弱くらいなので2000ゲーム回した所で期待収支は-1000円とか-2000円くらいのもんなんですね。

そしてここから逆に設定が4,6だった場合のリターンを考えてヤメるか否か判断するってのが一番賢いんじゃないかと。

 

むしろ上か下か分からない内に投資額にビビってヤメテしまう方がまずいかと。

それが高設定濃厚な状況だともうホントに救いようがないです。笑

 

 

実収支にとらわれないで全てを期待収支で考え、冷静に設定を読んで押し引きを図るっていうのが大事と思います。

 

↓応援おねがいしますm(__)m
にほんブログ村 スロットブログへ

関連記事

設定4を打つ価値について考える

こんばんは。   今すっごく眠たいです。 6月6日の稼働日記はまた後日書

記事を読む

設定狙いは勝てない、無理だと決めつけている人へ

こんばんは。 コンビニのあんまんってあるじゃないですか。 あれ、揚げるとめちゃめちゃうま

記事を読む

非等価ホールでの現金投資時の期待収支の付け方

こんばんは。   今回は稼働日記でも収支まとめでもないです。 ちょっとし

記事を読む

ハイエナはやめ時が命!

こんにちは。 基本中の基本ですが、やめ時について書こうかなと思います。 超基本ですけどね

記事を読む

設定狙いの期待値をいろいろ計算してみた

こんにちは。 アイキャッチ画像は僕の写真です。 嘘です。   設定

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    素晴らしい意見ですなあ。やっぱ専業の人はこういう風に考えるよね。
    ただ最近、近所の店が10台中1台だけ6で他が全部1っぽい(あくまで1と考えてます)配分ですので、なかなか座ろうと思えないんですよね。それも毎日では無さそうだし。
    設定簡単に見ぬけるような台ならまだ良いんですけどね。

    • tom tom より:

      ありがとうございます。m(__)m

      1/10だとちょっと、いやかなり厳しいですね。(-_-;)
      それだと狙い台が絞れるか、ベースがかなり高いかじゃないととても狙えそうにないですねえ。
      しかも毎日でないとなると尚更ですね・・・。

  2. 匿名 より:

    ちょっともうちょっと現実見たほうが良いと思いますよ

    確率やら期待値ってのを履き違えてませんかね
    6かも知れないけど1かも知れない
    設定は朝一にはわからないなら設定1を想定するのが普通じゃないっすかねえ

    • tom tom より:

      あんまりこういうことは言いたくないですが、その現実で設定狙いをして結果を出している僕の意見です。
      確率やら期待値を履き違えているつもりもありません。

      朝から設定1を想定するのが普通と言いますが、そんなものは状況次第です。
      高配分狙いであれば低設定を想定してそこから加点方式でスタート。
      バッチリ狙い台が決まっていて座った段階で高設定に期待が持てるなら減点方式。

      設定狙いにおいて普通なんてありません。
      地域、ライバル、配分、そういった常に変動する状況の中で臨機応変に動かないといけません。

      そんな中でも、期待値がある部分、機械割が100%を超えている部分を打たないと勝てないという事実に変わりはありません。
      それをもっと具体的に、どういった理論でトータルをプラスにもっていけばいいのかという説明をした記事です。

コメントを残す


  • profile


    管理人のとむです。
    スロ専業で月平均の収支が大体35万くらいです。
    ブログでは稼働日記や細かいところを突っ込んだ考察や解析を書いていきたいです。
    >>詳しいプロフィールはこちら

PAGE TOP ↑