設定4を打つ価値について考える

公開日: : 立ち回り・考え方

こんばんは。

 

今すっごく眠たいです。

6月6日の稼働日記はまた後日書きます。

今回は、設定4を打つ価値についての記事です。

 

前回の記事で転生の推定設定4を打って、いろいろと思うことがありました。

まあ、そもそもあの転生が本当に4だったのかどうかは定かではないですけどね・・・


SPONSORED LINK


設定4を打つ価値について考える

基本的に打つ価値はあるはず

基本的に、設定4であるならば打つ価値はあるはずであると思います。

 

勿論、機種によりけりですけどね。

機種というか、機械割ですかね。

 

ハイエナで出せる機械割はせいぜい104%~109%くらいです。

そして、これは台に座っている間の数値です。

 

1台消化して、また次の台を探してといったことを考えると、割というか、時給は下がりますね。

だいたい時給3000円がいいところといった感じでしょうか。

となると、大体106%くらいですね。

 

アイムジャグラーの設定4であれば、確か機械割102%くらいだったので、これならハイエナしている方がいいです。

ただ、104%や106%程度の機械割の設定4であれば、打つ価値は大いにあると思います。

 

ほぼ100%ツモれることが条件

ただし、条件としてほぼ100%ツモれることが必須だと思います。

 

これがツモ率50%とかですと、計算するまでもなく時間のムダです。

おそらく、80%や90%でも美味しくないと思います。

 

ほぼ100%。

98%くらいのツモ率じゃないとやらない方が良いと思います。

 

つまり、台に座ってから判別を始めるようではダメということですね。

台に座った時点で、もしくは台に座って数分で確信できるレベルでないと打つ価値はないと言えます。

 

台に座った時点でというのは、前任者が456確定演出を出しているのを見ていたとか、全台系のイベントで告知機種に座ったという状況のときですね。

台に座って数分というのは、前日高設定で少し回した結果据え置き濃厚と分かった等という状況ですね。

 

設定6狙いよりも設定4狙いの方が難しい

設定4を狙おうと思ったら、ツモ率をほぼ100%までに上げる必要があると書きました。

つまり、設定6を狙うよりも、設定4を狙う方が格段に難しいはずなんですよね。

 

ただ、お店の状況にもよるところがありますね。

設定6を一切使わずに、最高でも設定4しか入れてくれないホールも勿論あります。

そういったホールではこういう狙い方をせざるを得ないですね。

 

まあ、それなら設定6が入るホールに行けばいいだけの話なのですけどね。

 

ただ、設定が4までしか入らないホールというのは、設定狙いをしている専業がさっぱりいないと思います。

そういう状況で自分だけ設定4を独占できる状態を作ることに成功したならば、それは大きな資産になりえるのではないでしょうか。

 

特にこれからはハイエナがどんどんしんどくなっていくことが予想されますね。

現に、新規定の機種では全くエナれる気がしません。

 

そんな状況で生き残るためには、設定狙いが必須スキルになると思います。

そんな設定狙い。

6を追いかけるのも大事だとは思いますが、目の前にある確実にツモれる設定4を打ち切ることも大事なんじゃないかなあとも思います。

 

まとめ

まとめますと、設定4狙いは僕はアリだと思います。

勿論、上で書いた条件付きですがね。

 

106%や104%は意外に侮れないです。

この一桁%に対してどう考えるかで、今後生き残れるかどうかが決まりそうな気がするようなしないようなです。

 

ではでは。

↓応援おねがいしますm(__)m
にほんブログ村 スロットブログへ

関連記事

ホール開拓をする時に見るところ

こんにちは。 最近新規ホールを開拓することが多かったので、ホール開拓についてまとめてみます。

記事を読む

設定狙いの期待値をいろいろ計算してみた

こんにちは。 アイキャッチ画像は僕の写真です。 嘘です。   設定

記事を読む

設定狙いで勝つコツや考え方

こんにちは。 今回は設定狙いのコツといいますか、根本的な考え方について書こうと思います。

記事を読む

朝一の並びの抽選を受けること自体に期待値がある

こんばんは。 今回は朝一に並ぶことによって、その行為そのものに期待値が発生するってことを書きま

記事を読む

設定変更の判別方法まとめ

こんにちは。 今回は設定変更の判別方法。 メジャーな方法からちょっとあまり知られていない

記事を読む

Comment

  1. 澤木 より:

    自分の記憶たしかなら昔しのけんが110%が、ギリギリですなって言ってたのが、なつかしい。期待値を走って追いかける絵がついて。

    • tom tom より:

      澤木さん

      昔というのはイベント規制がなかったときや、4号機時代での話でしょうか?
      僕はその時代のことはさっぱり分からないのですが、110%でギリギリとは恐ろしいですね(-_-;)

      今の時代で110%をボーダーというか、ベースに考えて動くと何も打てない日ばっかりになりそうですね・・・。

  2. 澤木 より:

    4号機の最後かな。それでも割が、低くなってきてるって感じ。まあ昔毎日高設定入ってたから。クレ落ちで6とか。ビッグ一回目で秘宝伝ハズレ0であれと思ったら。それでも自分も含めてレベル低いからやっていけたんだろうな。久しぶりに単行本みると変更の見抜き方とか勝ち方詳しくかいてるな。当時は、曖昧な表現だと思ってたりたまに勝っても対策されると応用きかなかったり今思うと何で負けてたんだろうって感じ。

    • tom tom より:

      すごい時代ですね・・・。

      またそんな時代が来ないものですかね。笑
      ただ今またそういう時代が来てもどうなんでしょうね。
      このネットが発展して世の中では皆レベルが一律に同じくらいですし、あまり今と状況は変わらないのかもしれないですね。(-_-;)

コメントを残す


  • profile


    管理人のとむです。
    スロ専業で月平均の収支が大体35万くらいです。
    ブログでは稼働日記や細かいところを突っ込んだ考察や解析を書いていきたいです。
    >>詳しいプロフィールはこちら

PAGE TOP ↑